home看護師募集について明日のチームメイト

明日のチームメイト

先輩看護師からのメッセージ

上五島病院 T.Kさん

島だから叶えられた夢

上五島病院勤務 3年目 看護師歴 12年目 がん性疼痛看護認定看護師

私は昔からがん看護に興味を持ち、いつかがん性疼痛認定看護師になりたいという夢を持っていました。しかし6ヶ月という長い研修の間島を離れることや、他の施設は研修のために退職したり、休職で、その間給料がないなど金銭面の不安がありました。そこで上司に相談すると「がん看護はこれからの時代もっと大切になってくる。病院のためにも行ってきては」との温かい声をいただき、看護師不足の中病棟スタッフを始め、各部署長、そして病院全体のバックアップのおかげで病院の研修扱いとして無事に六か月の研修を修了し、晴れて認定看護師の夢を叶えることができました。

現在は院内の緩和ケア委員会の中で活動しています。活動内容は、毎週木曜日の午後から当院の訪問看護師、がん看護研修修了生と緩和ケアの介入を必要とする入院患者様の緩和カンファレンスを行います。必要時は病棟まで回診して病棟スタッフや主治医などとコンタクトを取り、問題の改善・解決に努めます。またリンクナースの育成、緩和ケアに関する研修会の企画運営などを行っています。

上五島病院はスタッフ教育に力を入れており、その他も自分の興味ある分野についてアピールすることで、どんどん本土での研修に参加することができます。2012年度は糖尿病看護認定看護師養成過程修了生が1名、また次年度も進学予定のNsが1名おります。

島の看護は初診から治療、そして看取りまで、患者様・御家族と密接な関係を築くことができ、その生き方を支援するという看護の在り方について多くの学びを得ることができます。上五島病院の看護師は地域に対する愛着を持ち、スタッフ不足の中でも常に高みを目指した看護を提供しようとする志を持って働いています。島に興味のある方々、これから一緒に島の看護を体験してみませんか。

緩和ケア回診

上五島病院 Tさん

患者の姿が私の励みです

上五島病院勤務 2年目 看護師歴 5年目 病棟勤務(看取り看護)

企業団である上五島病院に務めて1年が経ちました。私は、急性期看護、外科、整形外科、看取り看護に携わる病棟に勤務しています。この1年間でさまざまなことを学びました。急性期看護では、1分1秒が重大で、医師からの指示を仰ぎ、確認し、的確に実施していくことで患者の生命に関わること、術前後の看護では、患者の全身状態を整えることで、患者が安心して手術を受けることにつながり、その後の回復にも左右することなど学びました。

当院は島で唯一の入院施設であります。入退院を繰り返す患者も多く、「おぉ、久しぶり~元気にしていたか?頑張っていたか?」などと患者からの声、それは地域ならではの関わりであり、私の励みになっています。また他にも、整形外科では、青壮年の入院が多く、術後元気に退院されていく姿や、外科患者のこれから病気と付き合い頑張ろうとする姿も私の励みになっています。患者の看取りでは、その方の人生の終わりの時間を一緒に過ごすことができることは素晴らしいことだと感じています。そして何より私が仕事を楽しいと思い取り組んでいくことができるのは、職場の環境です。私を気にかけ声かけてくれ、影ながら評価し成長できるようアドバイスしてくれる先輩、師長、医師の方々の存在が私を支えてくれています。多忙ですが、私はとても楽しく仕事しています。


精神医療センター Mさん

精神看護専門看護師の役割

精神医療センター勤務 3年目 看護師歴 14年目 精神看護専門看護師

当院は精神科救急医療、司法精神医療、児童思春期精神医療などに特化した高い専門性を持つ病院です。そのなかで、複雑で解決困難な問題を抱えた患者や家族へのケアや、スタッフのメンタルサポートの役割を担うのが専門看護師です。

普段は病棟のスタッフとして日々のケアを行う一方で、定期的に院内をラウンドして、直接患者様のケアを行う実践や多職種間の調整、スタッフから受ける相談といった専門看護師特有の役割を担っています。さらに、病院内外の研修会の講師やスタッフの研究指導といった教育に携わり、また私自身が研究を行うことで、広く看護の質の向上を目指しています。

専門看護師はみなさんがより良いケアを行うためのリソース(資源)となる存在です。当院に就職される皆さんが、より質の高いケアを患者様へ提供できるために成長するのをお手伝いしていきます。

精神医療センター Tさん

看護専門職としてのスキルアップ

精神医療センター勤務 21年目 看護師歴 24年目 精神科認定看護師「司法精神看護」

長崎県精神医療センターの強みは現認教育の体制が充実している点です。看護は専門職です。経験年数が増えるとともに相応のスキルアップが必要です。ライフワークバランスと照らし合わせ自らのスキルを挙げていく必要があります。しかし、必要を感じていても個々の看護師だけで、この課題に取り組んでいくのは困難もあります。長崎県精神医療センターではクリニカルラダーを導入し、個々の背景に合わせて学習の積み重ねができるよう機会を提供しています。そして、スペシャリストとしてスキルを高めたいと考える看護師にはさらに大きなバックアップがあります。私が取得している精神科認定看護師がそうです。組織からは学習し易くなる為の諸条件を整えてもらいました。共に働く同僚からは、私の学ぶ姿勢に対して暖かい理解を得るという心理的な支援を得ました。資格取得後は多くの内容を現場に還元できるよう広く活動しています。

対馬病院 Nさん

アットホームな仲間たち

対馬病院勤務 9年目 看護師歴 11年 ICU勤務

私が働くICUは、急患や術後患者、人工呼吸器やCHDF・IABPの装着している重症患者、NICUでの未熟児管理など日々緊張の多い職場です。

多職種との連絡も多く、チームワークがとても重要になってくるのですが、スタッフみんながとても仲が良い事が自慢の一つです。

理由としては、仕事だけでなくプライベートでもミニバレー大会や舟グロー大会、マラソン大会等にみんなで参加して交流を深めている事にあると思います。仲が良い事で『みんなで私たちの病院を盛り上げていこう』という意識が強まり、仕事でわからない事があれば、すぐに専門分野のスタッフに相談や、勉強会の開催ができ、知識や技術の向上に役立っています。

このように仕事もプライベートも充実させて、スタッフみんなでより良い職場を作っていけたらと思います。


対馬病院 Sさん

島のナース

対馬病院勤務 6年目 看護師歴 10年目 外科・内科の急性期混合病棟勤務

看護学校を卒業後、島外の病院で5年間勤務していました。
生まれ育った対馬が大好きで、「もう一度対馬で暮らしたい」という思いを胸に対馬に帰ってきました。
中対馬病院に勤めるようになり、5年目を迎えました。外科・内科の急性期の混合病棟に勤務しています。
昼夜を問わない緊急入院、高齢化による認知症患者の増加、がんや高齢者の看取りの看護等、軽症から重症度・看護度の高い患者が混在する総合診療科的な病棟で日々頑張っています。多種多様な患者に対する看護が必要で、適切な判断力・臨機応変な対応、広範囲な知識を必要とする現場です。
仕事は忙しく大変なのですが、明るい雰囲気の職場で、張り詰めた緊張感の中でも協調性が保たれ、和気あいあいとした病棟スタッフに囲まれて充実した、島のナース生活を送っています。
お休みの日は、実家に帰って母のおいしいご飯を食べたり、かわいい甥っ子と遊んだり、自然豊かな海や山で遊び、充実した生活を送っています。
超高齢化社会の先進地区である島の中で、一人暮らしの方、病院への入退院を繰り返す方が年々増加しています。
そのような状況の中で家族や地域・行政・介護・福祉施設との連携が比較的円滑に図れています。
地域と密着している分、つながりややりがいを実感しています。
島の人達が、安心して療養できるように『島のナース』として手助けができればいいなと願っています。


五島中央病院 Kさん

摂食・嚥下障害看護認定看護師を取得して

五島中央病院勤務 内科病棟勤務1年半 看護師歴 11年 摂食・嚥下障害看護認定看護師

当院に入職以来、私は内科病棟に勤務しています。仕事をしていく中で、脳血管障害や呼吸器疾患によって摂食・嚥下障害を来している患者様が多くいることに気がつきました。
口から食べ物を食べることは生きていくための手段でもありますが、生活していく上での楽しみや希望でもあります。その機能が失われるとQOLは大きく低下します。また近年、高齢化に伴う誤嚥性肺炎の罹患率が増加しており、2011年度に厚生労働省より発表された人口動態統計の死因では肺炎が3位に浮上する事態となりました。こうした意味でも摂食・嚥下障害看護のニーズは高まっていると言えます。
食べる楽しみや喜びを一人でも多くの人に、より長く持ち続けてほしいというのが私の願いです。そのためにも摂食・嚥下に関する専門的なケアを病院全体、さらには地域に広げていくことが今の私の役割だと考えています。4月から育休明けでがんばります。火曜日午後は嚥下ラウンドがありますので、興味のある方はご参加お待ちしています。

嚥下リハ講演中

壱岐病院 Yさん

離島医療に興味のある方、一緒に働きませんか!

壱岐病院勤務 1年目 看護師歴 1年目 新人看護師

私は看護学校卒業と同時に、壱岐病院に新人看護師として勤務し始めました。 学生の頃とは違う現場に今でも右往左往することがありますが、先輩看護師のご指導のもと日々成長できるよう頑張っています!
新人看護師は一人しかおらず寂しいですが、その反面多くの経験をさせて頂いています。 今後もいろいろな経験を積み先輩看護師のようになれるよう、そして壱岐の皆さんに貢献出来るよう頑張りたいと思います。
いつかは若い看護師が増え、さらに活気あふれる病院になったらいいなと思っています。離島医療に興味のある方、一緒に働きませんか!


壱岐病院 Nさん

患者さんと多く接する現場で充実した毎日を送っています

壱岐病院勤務 10年目 看護師歴 17年目 病棟勤務

小さい頃、病気をしたときに看護師の仕事を見続けてきて、とてもやりがいのある仕事で、人のためになる仕事だと看護師の道を選び、島外で国立系病院を経験したのち、生まれ育った住みやすい壱岐で、地域の中核病院である壱岐病院に就職し早くも10年目を迎えました。 今は、腎内放科(透析、内視鏡、放射線)副看護師長として勤務しています。 シフト勤務の中で多部門を走り回り、また副師長としての責任を感じながら、多岐にわたる業務についています。 多忙の中にも、患者さんと多く接する現場で充実した毎日を送っています。
壱岐は自然豊かな島で、島民の優しさに触れ、穏やかに過ごすことができる島だと思います。スタッフも地元出身の方、嫁いで来られた方、壱岐が好きで働かれている方など、親しみやすく楽しく仕事ができます。 壱岐に興味のある方、是非一緒に働いてみませんか。